FUN ART STUDIO

Category

ALL

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

カード(5)

封筒(1)

ペーパークラフト(7)

シーズナルアイデア(4)

デコレーション(1)

ラッピングアイデア(3)

アクセサリー(4)

Tips

レタリング(4)

イラスト(12)

グラデーション(1)

配色(1)

DIY(4)

トラベルノート(1)

フードスタイリング(1)

Others(4)

水性マーキングペン(7)

のり(2)

色鉛筆(1)

Lifestyle

サマーパーティ(1)

バースデー(1)

イースター(1)

新生活(1)

Download

線画(1)

ワークシート(1)

展開図(2)

テンプレート(5)

ギフトタグ(1)

ガイドシート(2)

Tools

ABT(2)

筆之助(2)

WATER BRUSH(1)

Artists

ARCH DAYS(7)

minne(4)

Special Partners(7)

Masaki Nakamura(2)

GREENANDBLACKSMITH(2)

Hideya MOTO(2)

satohom.39(4)

shiho sakurai(2)

Sara Gally(2)

ecribre / Ichika(2)

misaki(1)

Other Artists(7)

トンボ編集室(2)

Archives

2019

9月(3)

8月(6)

7月(7)

6月(5)

5月(4)

4月(6)

3月(6)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

サマーパーティーに!
水筆 x ABTでお手軽ウォーターカラー<無料テンプレート>

アーティスト・プロフィール

ARCH DAYS

こんな水筆を待っていた!ABTと組み合わせておうちで水彩カラー


 

美しいカラーバリエーションがとても豊富な水彩グラフィックマーカーの「デュアルブラッシュペンABT」。そんなABTの水彩表現を広げてくれる水筆がついにトンボ鉛筆より登場しました!

 

 

一般的に見かける水筆の筆先サイズ「中筆」だけでなく、細かな線や絵を描くのに便利な細先の「小筆」や、背景色などで使える太い線が描ける平たい「平筆」のバリエーション展開も嬉しいポイント。

 

今日はそんな水筆をデュアルブラッシュペンABTと組み合わせて描ける夏の人気モチーフをご紹介。何度か練習してコツさえつかめば初心者にも描けるのでおすすめ。手描きの水彩モチーフはサマーパーティなどのホームパーティーで活用しそう!

 

 

ハンドレタリング・水彩作家 Satohom によるオリジナルテンプレートで練習


 

まずは見本となる Satohomオリジナルの水彩デザインがこちら。

 

 

夏の人気モチーフ「フラミンゴ」や「パイナップル」などがとってもキュート!見本デザインのモノクロverを印刷すれば、ABT水筆を使って塗り絵感覚で簡単に筆使いの練習ができます。

 

▲PDFダウンロード(モノクロver)

 

 

| 用意するもの

・デュアルブラッシュペンABT (お好みの色)

水筆

・クリアファイル

・キッチンペーパーもしくは紙ナプキン

 

| 水彩モチーフの描き方

クリアファイルの上に使用するABTを塗りこむようにインクを出し、そのクリアファイルをパレットにして水筆でインクをとりながら紙に描きます。より水彩らしく薄めの色合いにする場合は水筆の先から水をちょこっと出して薄めると◎

「水を出しすぎた!」と思ったらキッチンペーパーで余分な水分を吸収すればOK。

 

描くときは薄い色を先に後から濃い色を足すのがポイント。

フラミンゴは頭と身体が描けたら、黒ペンで口ばし、目、足を書き足したら完成です!

 

 

何度か練習をして慣れてきたら、下絵のない白い紙にチャレンジ!フラミンゴの足は、思ったよりも少し長めに描くとバランスがとれて◎

 

| SatohomオリジナルデザインにおすすめのABTカラー

 

今回無料テンプレートとして配布しているSatohomオリジナルデザインのおすすめABTカラーはこちら:

 

・フラミンゴ  「703(PINK ROSE)」「815 (CHERRY)

・パイナップル<実> 「055 (PROCESS YELLOW)」「933 (ORANGE)

・パイナップル<葉> 「249 (HUNTER GREEN)」「277 (DARK GREEN)

 

もちろんお好みの色のABTを使ってもOK。描き慣れると自分らしいタッチや色を加えるのも楽しみ方のひとつとなります。

 

 

夏の水彩モチーフで作るオリジナルサマーパーティーアイテム


 

水彩モチーフを描くコツをつかんだら、DIYに応用したオリジナルパーティーアイテム作りがおすすめ。

 

1.プレイスマットで食卓を彩ろう

 

最近ホームパーティーアイテムとして人気なのがパーティーテーマに合わせたプレイスマット。テーブルコーディネートの一部としてゲスト席に敷くだけで、いつもの食卓がぐんとパーティーらしく華やかに。

 

 

 

Satohomオリジナルデザインのテンプレートをそのまま印刷してプレイスマットとして使用しても良いし、せっかく水彩アートを習得したなら真っ白な紙にワンポイント自分で描きこんじゃうのもおすすめ。

 

 

 

2.紙コップに水彩モチーフでフォトジェニックに早変わり

 

100円ショップなどで手頃に買える白い紙コップも、水彩モチーフをちょこっと書き込むだけでぐんとおしゃれなパーティーアイテムに。手描きだからひとつひとつのモチーフの仕上がりが微妙に違う点も温もりがあって味が出ますよ。

 

 

 

3.ABTを使ってカトラリーをカラーコーディネート

 

プレイスマットや紙コップなどにワンポイントDIYしたところで、せっかくならカトラリーもかわいく仕上げてみませんか?こちらは割り箸や、エコな木製カトラリーの持ち手にマスキングテープを貼ってからABTで色を塗っただけ。塗った色が乾いたらマスキングテープをはがせば完成!

 

 

水彩モチーフに使用した色のABTを使えば完璧なカラーコーディネートができて◎

 

4.ギフトバッグだって簡単に変身

 

パーティーに参加してくれたゲストへのグッディバッグ(お土産袋)として、またはお誕生日のギフトやお呼ばれされた際の手土産を入れる袋など、何かと使うことの多い紙袋。白無地の紙袋を常備しておけば、テーマに合わせた水彩モチーフを描くだけでこんなにかわいく変身!

 

 

 

ちなみにモチーフに添えた「HAPPY SUMMER!」の文字は、水彩モチーフに使用したABTの細芯を使って書いたもの。同じインクなので自然とカラーコーディネートされて便利ですよ。

 

5.おまけはパーティーに欠かせないガーランド

 

ホームパーティーの飾り付けマストアイテムといえば壁や天井にデコレーションするガーランド。ひとつ飾るだけでいつものお部屋が一気にパーティーモードになるのでおすすめ。今日はSatohomオリジナルデザインをガーランド型にしたテンプレートも合わせて配信。

 

作り方はテンプレートからガーランド型を切り出し、穴あけパンチで穴を開けて紐を通すだけ。水彩モチーフでDIYしたパーティーアイテムと組み合わせて使ってくださいね。

 

 

 

いかがでしたか?

今回はSatohomデザインの「フラミンゴ」を中心に描きましたが、もちろんお好みでパイナップルやグリーン中心のモチーフもおすすめ。ぜひモノクロの下絵に、ABT水筆を使って水彩アートを練習してみてくださいね。誰だって必ず描けるようになりますよ。

 

 

 

Have a great summer party!

 

 

▲ 無料テンプレートダウンロード(PDF)

 

 

 

back

Other Topics

page top