FUN ART STUDIO

Category

ALL

FUN ART LOVERS

ALL

Vol.1 津森 千里(1)

Vol.2 鈴木 曉昇(1)

Vol.3 たなか みさき(1)

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

ALL

カード(8)

封筒(1)

ペーパークラフト(10)

シーズナルアイデア(5)

デコレーション(1)

ラッピングアイデア(3)

アクセサリー(6)

Tips

ALL

レタリング(5)

イラスト(16)

グラデーション(1)

配色(3)

DIY(4)

手帳・ノート(2)

フードスタイリング(1)

Others(4)

水性マーキングペン(7)

のり(2)

色鉛筆(1)

Lifestyle

ALL

ホームパーティー(1)

サマーパーティ(1)

バースデー(1)

イースター(1)

新生活(1)

Baby(1)

Download

ALL

Casual Hand Lettering Life(1)

線画(1)

ワークシート(1)

展開図(2)

テンプレート(8)

ギフトタグ(1)

ガイドシート(2)

Tools

ALL

ABT(2)

筆之助(2)

WATER BRUSH(1)

Artists

ALL

ARCH DAYS(10)

minne(7)

Special Partners(9)

Masaki Nakamura(3)

GREENANDBLACKSMITH(2)

Hideya MOTO(2)

satohom.39(6)

shiho sakurai(3)

Sara Gally(3)

ecribre / Ichika(2)

misaki(1)

Other Artists(8)

トンボ編集室(2)

Archives

2019

12月(3)

11月(8)

10月(7)

9月(6)

8月(6)

7月(7)

6月(5)

5月(4)

4月(6)

3月(6)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

「プレイカラードット」でつくる、ドットアート柄ポストカード

アーティスト・プロフィール

minne

minne の人気作家さんに聞く、作品レシピ

 

FUN ART STUDIO」と「minne」の特別企画。毎月、minneで人気の作家さんにトンボ鉛筆の画材を使った作品レシピや使用方法をご紹介いただきます。

 


 

今回のminne作家さん

momomi satoさん

つまようじペインター。ようじの先端に絵の具をつけて、一点一点描かれるドットアートを元にした作品を制作。プリントでは出せない、独特の風合いが人気。
https://minne.com/@momomisato

momomi sato

 


 

「ドットアート柄ポストカード」のつくり方

 

スタンプ感覚で可愛いドットが描ける「プレイカラードット」を使って、アーティスティックなポストカードをつくってみましょう。「これ自分でつくったの?」とお友だちもびっくりしてしまうような作品が手軽に制作できますよ。

 

1、使用する色を決める

 

 

まずは今回の制作で使用する色を選びます。わたしは、秋冬の季節感がありながらも華やかさのある、オレンジ、ブラウン、アップルグリーン、ハニーイエロー、ブルーの5色に決めました。

 

プレイカラードットの特徴である、ペン先をスタンプのように押し付けるだけでドットが描ける丸スタンプと、0.3mmの極細芯、どちらも使用します。

 

 

2、ドットと線でサークルを描く

 

 

はじめに、ハガキサイズの紙に丸スタンプ芯でドットをひとつ描きます。選ぶ紙によってドットのにじみ具合や乾いたときの色味が異なりますので、いろんな紙を試してみてください。わたしは表面がツルッとしたケント紙を使用しました。

 

上手にドットが押せないという方は、まずはいらない紙で練習をするとコツがつかめますよ。真上から紙に垂直に押し付け、上下左右に順に力を入れると良いです。

 

 

最初に押したドットの周りから、外に広がっていくようにして模様を描いていきます。丸スタンプ芯と極細芯を組み合わせて描くと、メリハリが出て可愛さがアップ!

 

 

ドットの形が崩れたり、インクが擦れてしまっても「手描きの風合い」として良いアクセントになるので、思いきり良く描いていきましょう。

 

 

中心から外側に向かって描き進めていきます。細い線は、丸スタンプがしっかり乾いてから描きましょう。

 

 

5色をバランスよく使い、色のかたよりができないようにするのがポイントです。

 

 

神は細部に宿る」と言いますが、端っこまで丁寧に描くと、より良い作品に見えます。紙の端っこは丸スタンプを押しづらいので、下に紙を敷くとキレイに描くことができます。

 

 

 

空いたスペースにも同様に、中心から外に広がるようにして模様を描いていきます。最初に描いた模様とは違う線を使うなど、アレンジを加えてみましょう。

 

 

 

さらに空いている別のスペースにも、バランスをみて同様に描いていきます。

 

 

完成です!使う色を5色に限定したことで、全体に統一感が出ました。サークルは大小メリハリをつけることで、細やかなデザインもすっきりと見えますよ。

 

 

3、フレームに入れる

 

 

可愛いフレームに入れれば、素敵なインテリアに。使う色を変えると雰囲気もガラッと変わるので、ぜひお好みの色味でつくってみてくださいね。お友だちをびっくりさせちゃいましょう。

 


momomi satoさんの作品は、minneでご覧いただけます。

momomi satoさんの作品一覧はこちら

back

Other Topics

page top