FUN ART STUDIO

Category

ALL

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

ペーパークラフト(1)

シーズナルアイデア(1)

デコレーション(1)

ラッピングアイデア(1)

Tips

Download

Archives

2019

2月(4)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

自分だけのノートに何を描こう。世界にひとつだけのオリジナルノート

アーティスト・プロフィール

345

メモを取ったり、レシピを書き溜めたり、お気に入りの映画の事を綴ったり…

手を使って記録を書き起こせば、より強く思い出が残るでしょう。

そんなノートがお気に入りだったらもっと嬉しい。 今回は、自分の好きなテーマでオリジナルノートを作ってみましょう。

 

 

材料(1冊分)
・本文用紙(B5用紙 8枚)
・表紙(B5用紙 1枚)
・ステープラー針(2本)
・目打ち(千枚通し)
・定規
・カッター
・カッティングマット
・ボーンフォルダー(あれば)
・ペンチ(あれば)
・コーナーカッター(あれば)

 

表紙デザイン用ツール
・ABT
・筆之助
・アクリル絵の具など

 
 

作り方


 

 
 
1.紙を選び、半分に折る
 
まずはノートのサイズを決めます。
今回はB5の用紙を使って、B6サイズのノートを作成してみましょう。
紙の質感や色味は多岐にわたりますが、お気に入りの紙を選びましょう。
表紙は本文の紙より少し厚めのものを選ぶと良いでしょう。 
 
まず、本文用紙は一枚ずつ半分に折っておきます。
ボーンフォルダーなどを使用すると紙がよれず
しっかりと折ることができます。

一枚一枚しっかりと折りましょう

 

 
 
2.表紙をデザインする

ノートの表紙をデザインしましょう。
ノートは目的によって好きなだけ作って良いので、それぞれデザインしてみましょう。  
 
今回は表現豊かなストロークを得意としたABTと筆之助を使用して、イラストとレタリングを施していきます。

どんなデザインにしようか考えるのも楽しみのひとつ

 

 
 
 
 

 
3.綴る
 
今回はステープラーの芯を使ったシンプルな綴じ方に挑戦してみましょう。  
 
表紙と本文用紙、それぞれ半分に折った紙を束にして、針で二箇所ずつ穴を開けます。
それぞれの穴に表紙側からステープラーの針を通してノートを綴じます。
芯を折る時は手で折らず、ペンチなどで折ると上手く折る事ができます。

表紙と本文用紙を重ねて束にします

 

 
 
 

 
 
 

4.仕上げ

ノートを閉じて、ページの端が余っていたら、カッターなどで切って整えましょう。
カッターマットの上に、ステンレス定規などでしっかりと押さえて切ると綺麗にカットができます。 
 
さらにコーナーカッターを用いてノートの角を丸くしたりなど、アレンジを加えてもノートがまた違った雰囲気になりますよ。

 
 
 


出来上がったノートにお気に入りのもの、楽しいこと、やってみたいこと、ワクワクするものなど、
「好き」をたくさん詰め込めばノートを開く時間も楽しみになりますね。 
 
世界にひとつだけのノート作り、是非チャレンジしてみてください!

back

Other Topics

page top