FUN ART STUDIO

Category

ALL

FUN ART LOVERS

ALL

Vol.1 津森 千里(1)

Vol.2 鈴木 曉昇(1)

Vol.3 たなか みさき(1)

Vol.4 さわぐち けいすけ(1)

Vol.5 桂 由美(1)

Vol.6 田中 達也(1)

Vol.7 香菜子(1)

Vol.8 宮田聡子(1)

Vol.9 田村 大(1)

Vol.10 江口 寿史(1)

Vol.11 菊池 亜希子(1)

Vol.12 片岡 鶴太郎(1)

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

ALL

ペーパークラフト(15)

ラッピングアイデア(6)

カード(11)

封筒(4)

シーズナルアイデア(10)

デコレーション(1)

アクセサリー(9)

CARD TIPS

Tips

ALL

レタリング(12)

イラスト(34)

グラデーション(2)

配色(6)

Coloring(1)

DIY(6)

カード(4)

手帳・ノート(6)

フードスタイリング(1)

Others(13)

水性マーキングペン(7)

のり(2)

色鉛筆(1)

Lifestyle

ALL

ホームパーティー(1)

サマーパーティ(2)

バースデー(1)

イースター(2)

新生活(1)

ブライダル(4)

Baby(2)

Download

ALL

Casual Hand Lettering Life(1)

線画(7)

ワークシート(1)

展開図(4)

テンプレート(27)

ギフトタグ(1)

ガイドシート(2)

Tools

ALL

ABT(2)

筆之助(1)

WATER BRUSH(1)

Others

Artists

ALL

ARCH DAYS(24)

minne(22)

Hallmark(5)

Masaki Nakamura(7)

GREENANDBLACKSMITH(2)

Hideya MOTO(3)

satohom.39(11)

shiho sakurai(9)

Sara Gally(6)

ecribre / Ichika(6)

misaki(5)

Yumi Imai(16)

Tomoyuki Okamoto(13)

345(1)

トンボ編集室(6)

Archives

2021

2月(5)

1月(5)

2020

12月(9)

11月(6)

10月(6)

9月(10)

8月(6)

7月(5)

6月(6)

5月(8)

4月(6)

3月(8)

2月(6)

1月(6)

2019

12月(10)

11月(9)

10月(7)

9月(6)

8月(6)

7月(7)

6月(5)

5月(4)

4月(6)

3月(6)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

鉛筆とABTで描く「水彩どうぶつのフレークシール」

アーティスト・プロフィール

minne

minneの人気作家さんに聞く、作品レシピ

 

FUN ART STUDIO」と「minne」の特別企画。毎月、minneで人気の作家さんにトンボ鉛筆の画材を使った作品レシピや使用方法をご紹介いただきます。

 


 

今回のminne作家さん

amiiさん
ちょっぴりシュールなイラストを用いた作品を制作するイラストレーター。やさしい色使いが特徴。
https://minne.com/@amarty

shn

 


 

鉛筆とABTで描く「水彩どうぶつのフレークシール」のつくり方
 

どうぶつをモチーフに自由に描き、カラフルに着色する、たのしいフレークシールのつくり方をご紹介します。

今回メインで使用する画材は、超微粒子の最高級鉛筆「MONO100」と、発色のいいデュアルブラッシュペン「ABT」です。
 
それではさっそくつくっていきましょう。
 
 
用意するものはこちらです
 

・鉛筆
・消しゴム
・ABT
・水筆(中筆タイプ)
・クリアファイル(あればパレット)
・画用紙
・はさみ
・のり
・シール用紙(100円ショップでも購入できます)
・梱包用の透明テープ
 
 

1、どうぶつのイラストを描く

 

画用紙に鉛筆で好きなどうぶつのイラストを描きます。丁寧になりすぎず、あえてラフなタッチで描くとかわいいですよ。
このとき、イラストが透明テープの横幅より大きくならないよう注意します。
※画用紙はA5サイズ、鉛筆はMONO100の3Bを使用しました。
 


全部で9匹のどうぶつを描きました。

 
 
2、ABTで色を塗る
 

パレット代わりのクリアファイルに好きな色のABTのインクをのせ、水筆で軽くのばしたら、どうぶつたちに色をつけていきます。
 

どうぶつごとにあらかじめ色の組み合わせを決めてから塗り始めると、全体のトーンがまとまります。
モグラのイラストに使用したのは、ABT553、757、991、992です。
 

色を混ぜてオリジナルの色をつくるのもたのしいですよ。
このネコの色は、ABT451と992をパレット上で混ぜてつくりました。
 

すべてのどうぶつに色が塗れました。色ムラやはみ出し、塗り残しの部分をあえてつくると、より手描きのタッチが伝わります。
 
 
3、画用紙を切り抜き、シール用紙に貼る
 

どうぶつのイラストのまわりをはさみでおおまかにカットします。
 

切り抜いたどうぶつたちをシール用紙にしっかりとのり付けします。
 

このとき、十分に間隔を空けておくと、あとで保護用の透明テープが貼りやすくなります。
 
 

4、上から透明テープを貼る
 

空気やシワが入らないよう慎重に、それぞれのイラストの上に透明テープを貼ります。
 
 

5、どうぶつのまわりを切り抜く

 

イラストの周りを、2mmほど余白を残してはさみで切り抜きます。
 

「水彩どうぶつのフレークシール」の完成です。
 
鉛筆ならではのゆらぎのある線や、水彩表現ならではの色むらがいい味わいとなり、あたたかみのあるシールに仕上がりますよ。ぜひ、自由なイラストと色の組み合わせでつくってみてくださいね。
 


 
amiiさんの作品は、minneでご覧いただけます。
amiiさんの作品一覧はこちら

back

Other Topics

page top