FUN ART STUDIO

Category

ALL

FUN ART LOVERS

ALL

Vol.1 津森 千里(1)

Vol.2 鈴木 曉昇(1)

Vol.3 たなか みさき(1)

Vol.4 さわぐち けいすけ(1)

Vol.5 桂 由美(1)

Vol.6 田中 達也(1)

Vol.7 香菜子(1)

Vol.8 宮田聡子(1)

Vol.9 田村 大(1)

Vol.10 江口 寿史(1)

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

ALL

ペーパークラフト(15)

ラッピングアイデア(5)

カード(11)

封筒(4)

シーズナルアイデア(8)

デコレーション(1)

アクセサリー(9)

CARD TIPS

Tips

ALL

レタリング(10)

イラスト(31)

グラデーション(2)

配色(6)

Coloring(1)

DIY(6)

カード(3)

手帳・ノート(5)

フードスタイリング(1)

Others(9)

水性マーキングペン(7)

のり(2)

色鉛筆(1)

Lifestyle

ALL

ホームパーティー(1)

サマーパーティ(2)

バースデー(1)

イースター(2)

新生活(1)

ブライダル(3)

Baby(2)

Download

ALL

Casual Hand Lettering Life(1)

線画(5)

ワークシート(1)

展開図(4)

テンプレート(22)

ギフトタグ(1)

ガイドシート(2)

Tools

ALL

ABT(2)

筆之助(1)

WATER BRUSH(1)

Others

Artists

ALL

ARCH DAYS(21)

minne(19)

Hallmark(4)

Masaki Nakamura(6)

GREENANDBLACKSMITH(2)

Hideya MOTO(3)

satohom.39(10)

shiho sakurai(7)

Sara Gally(6)

ecribre / Ichika(6)

misaki(5)

Yumi Imai(14)

Tomoyuki Okamoto(11)

345(1)

トンボ編集室(6)

Archives

2020

11月(4)

10月(6)

9月(10)

8月(6)

7月(5)

6月(6)

5月(8)

4月(6)

3月(8)

2月(7)

1月(6)

2019

12月(10)

11月(9)

10月(7)

9月(6)

8月(6)

7月(7)

6月(5)

5月(4)

4月(6)

3月(6)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

ABTと水筆で描いてつくる「鉢植えのカラフルな布製カバー」

アーティスト・プロフィール

minne

minneの人気作家さんに聞く、作品レシピ

 

FUN ART STUDIO」と「minne」の特別企画。毎月、minneで人気の作家さんにトンボ鉛筆の画材を使った作品レシピや使用方法をご紹介いただきます。

 


 

今回のminne作家さん

kyiさん
三つ子として生まれ、それぞれが育んできた技術や感性をコラボレーションして、さまざまな雑貨を制作。
https://minne.com/@kyi

kyi

 


 

「カラフルな鉢カバー」のつくり方
 
手持ちの植物を華やかに彩る、カラフルな鉢カバーをつくりましょう。お部屋のおしゃれなアクセントにもぴったりですよ。
 
今回は、発色のいいデュアルブラッシュペン「ABT」と、水性画材のぼかしや混色に便利な「水筆」、液体のり「PiTマルチ2」を使った「カラフルな鉢カバー」のつくり方をご紹介します。
 


 
用意するものはこちらです
 

・ABT
・水筆(平筆タイプ)
・PiTマルチ2
・水彩紙
・牛乳パック
・マスキングテープ(白)
・定規
・はさみ
・アイロン、アイロンペーパー
・白い布地
・インクジェットプリンター
 


 
<各サイズについて>

鉢カバーの土台には牛乳パックを使用します。入れたい鉢の高さ+1㎝の高さでつくりましょう。
土台に貼り付ける布地は、土台よりさらに+1㎝の高さに。横幅は29㎝あると安心です。
 


 
1、絵柄を描く
 

水彩紙に、ABTのブラッシュ芯の腹を使って、ブロックを積み上げるイメージで描いていきます。このあと水筆でぼかすため、水彩紙はやや目の細かい「細目」の紙がおすすめです。
 
使用カラー:ABT491、515、565、373、603、055、ABTN52
 

水筆(平筆)で、インクが乾ききる前に、隣の色と混色させます。あまり滲ませたくない場合はすこし時間を置くなど、お好みでバランスを見ながら進めてください。

 

水筆は色が濁らないように、適宜洗いましょう。水の中に毛先をつけ、柄の部分を押し、水を押し出しながら洗うといいですよ。
 

 
絵柄が完成しました。
 
 
2、鉢カバーに仕立てる
 

絵柄をスキャナで取り込み、アイロンプリントペーパーに出力をします。
色違いも制作したい場合はこのように並べて描くと紙の余り部分が少なく、効率的です。
 

 

出力したアイロンプリントペーパーを、アイロンで布地にしっかりと定着をさせ、熱が冷めたらゆっくり剥がしましょう。
 

次に、牛乳パックで鉢の土台をつくります。パックの絵柄が出ないように、白のマスキングテープを貼ります。
 

 

牛乳パックをカットしたら、カバーのベースが完成しました。
 

 

布地の端1㎝部分をPiTマルチ2で貼り、残りの面も貼り付けていきます。
 

飛び出た布地の四隅をはさみでカットします。
 

PiTマルチ2を塗り、内側に折りたたみます。
 

できあがりです。
 

 
同柄の色違いをつくっても、統一感が生まれるのでおすすめです。ぜひ、みなさんもお好みの配色で「カラフルな鉢カバー」をつくってみてくださいね。
 
 


 
kyiさんの作品は、minneでご覧いただけます。
kyiさんの作品一覧はこちら

back

Other Topics

page top