FUN ART STUDIO

Category

ALL

FUN ART LOVERS

ALL

Vol.1 津森 千里(1)

Vol.2 鈴木 曉昇(1)

Vol.3 たなか みさき(1)

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

ALL

カード(8)

封筒(1)

ペーパークラフト(10)

シーズナルアイデア(5)

デコレーション(1)

ラッピングアイデア(3)

アクセサリー(6)

Tips

ALL

レタリング(5)

イラスト(16)

グラデーション(1)

配色(3)

DIY(4)

手帳・ノート(2)

フードスタイリング(1)

Others(4)

水性マーキングペン(7)

のり(2)

色鉛筆(1)

Lifestyle

ALL

ホームパーティー(1)

サマーパーティ(1)

バースデー(1)

イースター(1)

新生活(1)

Baby(1)

Download

ALL

Casual Hand Lettering Life(1)

線画(1)

ワークシート(1)

展開図(2)

テンプレート(8)

ギフトタグ(1)

ガイドシート(2)

Tools

ALL

ABT(2)

筆之助(2)

WATER BRUSH(1)

Artists

ALL

ARCH DAYS(10)

minne(7)

Special Partners(9)

Masaki Nakamura(3)

GREENANDBLACKSMITH(2)

Hideya MOTO(2)

satohom.39(6)

shiho sakurai(3)

Sara Gally(3)

ecribre / Ichika(2)

misaki(1)

Other Artists(8)

トンボ編集室(2)

Archives

2019

12月(3)

11月(8)

10月(7)

9月(6)

8月(6)

7月(7)

6月(5)

5月(4)

4月(6)

3月(6)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

木の実を描いてみよう

アーティスト・プロフィール

Yumi Imai

街の木々が少しずつ色づき始めてきましたね。
自然の多い地域に住んでいるので、散歩に出ては、どんぐりやハゼの実を拾って帰ってくるのが秋の楽しみの1つです。
今回も簡単なのに使える!「木の実の描き方」をご紹介します。

 

ABT885、筆之助(しっかり仕立て/ブラウン)を使用

 

ABT885で赤い小さな実を描いてみます。筆芯でバランスよく3つ実を描いたら、筆之助(しっかり仕立て/ブラウン)で枝を描きます。実の先端に小さな・を描くとグッと実らしくなりますよ。
筆之助ABTの上から描いてもにじむことなく、シャープな線が描けます。

 

実の色を985や847に変えると、バリエーションが増えて◎
紫系の676は丸を少し小さめに描くと野ぶどうやスグリっぽくなります。

 

 

次はどんぐり。
1.ABTの筆芯で947はふっくらと、192は小さめに輪郭を取ります。
2.中を塗りつぶします。上から下へと塗ります。

ABT947、192、992を使用

 

3.帽子を992で描きます。お椀を逆さにしたような形を意識して輪郭を取ります。
4.左から右へ塗りつぶします。どんぐりの本体部分のインクが乾いたら、細字芯でスジを描きます。

 

筆之助で帽子のスジを描いたら、できあがり!
直線でもOKですが、点線…で描くと優しい感じに仕上がります。
こちらも黄緑や薄い茶色など、いろいろな色で描くとカラフルで可愛いどんぐりになりますよ。

 

 

今回は折り紙感覚でできちゃう小物入れにアレンジしてみます。

 

1.折り紙3枚用意します。イラストが映えるイエローベージュにしてみました。
2.三角に2つに折ります。

 

 

3.左を三角の頂点に合わせて、折ります。
4.右も同じく、三角の頂点に合わせて、折ります。

 

5-6.1度開いて、上部分を底辺に合わせて折ります。同じ形の三角形の折り目が4つできました。

 

 

7.残りの2枚も同じように折ります。
8.ひっくり返して、ピンクで囲っている位置に木の実を散らして描いておきましょう。

 

イラストが描けたら、組み立てていきます。
9-10.2つの三角を組みます。左のパーツの中に右のパーツを「差し込み」ます。
この時、三角が重なるように。

 

 

11-12.もう1つも同じように「差し込み」ます。

 

 

13-14.ピンクの●同士をくっつけるように、両手で包みます。

 

 

15-16.今度は左の三角を右の三角の中に「差し込み」ます。

ピッタリと三角が重なれば、できあがり!

 

 

17-18.裏向けて、底部分をのり付けします。

 

ピットマルチ2は、細かいのり付けもキレイにできて、しかも強力接着!のりが乾く前に押さえるとしっかりとくっつきます。

 

 

可愛い木の実の小物入れができました!
お菓子を入れたり、アクセサリーの一時置きにもいいですね。
(私は散歩道で拾った松ぼっくりを入れるつもりです^^)

 

みなさんも是非、作ってみてください。

 

back

Other Topics

page top