FUN ART STUDIO

Category

ALL

FUN ART LOVERS

ALL

Vol.1 津森 千里(1)

Vol.2 鈴木 曉昇(1)

Vol.3 たなか みさき(1)

Vol.4 さわぐち けいすけ(1)

Vol.5 桂 由美(1)

Vol.6 田中 達也(1)

Vol.7 香菜子(1)

Vol.8 宮田聡子(1)

Vol.9 田村 大(1)

Vol.10 江口 寿史(1)

Vol.11 菊池 亜希子(1)

Vol.12 片岡 鶴太郎(1)

Vol.13 刈谷仁美(1)

Vol.14 奥平雄大(1)

Vol.15 光宗薫(1)

Vol.16 五月女ケイ子(1)

Vol.17 荒井良二(1)

Vol.18 大宮エリー(1)

Vol.19 森本千絵(1)

Vol.20 山本 美月(1)

Vol.21 篠原 ともえ(1)

Vol.22 サタケシュンスケ(1)

Vol.23 atsumi(1)

Vol.24 山崎 貴(1)

Vol.25 マテウシュ・ウルバノヴィチ(1)

Vol.26 大塚 愛(1)

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

ALL

ペーパークラフト(49)

ラッピングアイデア(13)

カード(26)

封筒(8)

シーズナルアイデア(23)

インテリア(6)

デコレーション(3)

アクセサリー(10)

Tips

ALL

レタリング(30)

イラスト(71)

グラデーション(5)

配色(8)

Coloring(7)

DIY(16)

画像合成(1)

カード(21)

手帳・ノート(18)

フードスタイリング(2)

Others(18)

水性マーキングペン(18)

のり(6)

色鉛筆(4)

CARD TIPS

Lifestyle

ALL

イースター(2)

子どもの日(1)

サマーパーティ(2)

収納アイディア(1)

新生活(2)

バースデー(1)

ブライダル(6)

Baby(7)

ホームパーティー(2)

Download

ALL

Casual Hand Lettering Life(1)

線画(20)

ワークシート(2)

展開図(18)

テンプレート(51)

ギフトタグ(2)

ガイドシート(3)

Tools

ALL

ABT(12)

筆之助(6)

WATER BRUSH(4)

紙(5)

Others

FUNART JOURNEY

Artists

ALL

ARCH DAYS(38)

Craftie(12)

Hallmark(12)

minne(56)

Quo Vadis Japan(7)

Masaki Nakamura(9)

GREENANDBLACKSMITH(2)

Hideya MOTO(3)

satohom.39(17)

shiho sakurai(18)

Sara Gally(11)

ecribre / Ichika(11)

misaki(10)

カラシソエル(4)

Danae Lettering(4)

Yumi Imai(32)

Tomoyuki Okamoto(22)

345(1)

あゆあゆ(10)

トンボ編集室(7)

Archives

2024

2月(4)

1月(6)

2023

12月(6)

11月(4)

10月(4)

9月(6)

8月(6)

7月(6)

6月(4)

5月(5)

4月(4)

3月(6)

2月(5)

1月(4)

2022

12月(6)

11月(5)

10月(7)

9月(5)

8月(6)

7月(6)

6月(4)

5月(5)

4月(4)

3月(5)

2月(4)

1月(6)

2021

12月(6)

11月(6)

10月(6)

9月(5)

8月(6)

7月(5)

6月(6)

5月(6)

4月(5)

3月(6)

2月(5)

1月(5)

2020

12月(8)

11月(6)

10月(6)

9月(10)

8月(6)

7月(5)

6月(6)

5月(8)

4月(6)

3月(8)

2月(6)

1月(6)

2019

12月(10)

11月(9)

10月(7)

9月(6)

8月(6)

7月(7)

6月(5)

5月(4)

4月(6)

3月(6)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

猫のギフトバッグを作ろう!

アーティスト・プロフィール

Yumi Imai

まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、9月に入ると少しずつ秋の気配が漂ってきますね。
今回はお呼ばれが増えるこれからの時期にピッタリのギフトバッグの作り方をご紹介します。
簡単な柄の塗り分けで4種類の猫ができるので、是非チャレンジしてみてください。

 

型紙はこちらからダウンロードできます。

 

 


 


まずはハチワレ猫からです。
1.
耳、鼻、口に850を、目に451をそれぞれ筆芯で直接塗ります。
2.
N95で目の瞳部分に細芯で直接塗ります。
N25をクリアファイルやパレットにとり、水筆で身体にハチワレの模様を塗ります。
重ね塗りしますので、多少の塗りムラは気にしなくてOKです!

 


3.
N95で瞳に影を入れます。細芯で直接描きます。
小さいので描くといっても、ちょんっと色を乗せるくらいでOKです。
N25クリアファイルやパレットにとり、水筆で2度塗りします。
最初に塗った場所より少しずらして塗ると水彩っぽい濃淡が出て◎
4.
N25を水筆で3度塗りします。

 


5.
N95の細芯で直接毛並みを描いていきます。
リアルな毛並みというより、ちょんちょんと規則的に模様のように描いていきます。
6.
N95であごの下、足の間の影を塗ります。筆芯で直接塗っていきます。

 

これでハチワレ猫の完成です!

 


 

 


1.
続いて、シャム猫です。
ハチワレ猫より少し模様が複雑になってます。
まずはハチワレ同様に、耳、鼻、口に850を、目に451をそれぞれ筆芯で直接塗ります。
2.
N95で目の瞳部分に細芯で直接塗ります。
879をクリアファイルやパレットにとり、水筆で顔、耳、足、しっぽの模様を塗ります。

 


3.
N95で瞳に影を入れます。細芯で直接描きます。
992をクリアファイルやパレットにとり、水筆で先程の879を塗った場所以外の身体を塗ります。
4.
992で首まわり、お腹、しっぽの付け根のあたりを重ね塗りして影を描きます。
水筆で塗りましょう。
879をクリアファイルやパレットにとり、水筆で顔、耳、足、しっぽの模様を2度塗りします。
この時、鼻の先、しっぽの先に色が濃くなるように重ねて塗るとシャム猫っぽくなりますよ。

 


5.
879をクリアファイルやパレットにとり、水筆で毛並みを描いていきます。
N95も細芯で直接毛並みを描いていきます。
ハチワレ同様、ちょんちょんと規則的に模様のように描いていきます。

これで、シャム猫の完成です!

 


 


1.
続いて、ミケ猫です。
だんだんと模様の難易度が上がってきます。
まずはこれまで同様に、耳、鼻、口に850を、目に451をそれぞれ筆芯で直接塗ります。
2.
026はクリアファイルやパレットにとり、水筆で身体の模様を描きます。
ミケ猫なのでこの通りでなくてもランダムに身体のあちこちに模様を描いてOKです!

 


3.
N95で瞳に影を入れます。細芯で直接描きます。
026を水筆で2度塗りします。最初に塗った場所より少しずらして塗ってください。
N25で空いている場所を埋めるように模様を描き足してください。
こちらもクリアファイルやパレットにとり、水筆で塗りましょう。
4.
N95は筆芯で首まわりに影を描きます。
026は水筆で毛並みを描いていきます。
N25も水筆で2度塗りします。

 


5.
N95は細芯で毛並みを描きます。
026は筆芯で背中の部分だけ重ね塗りをします。
N25は水筆で毛並みを描き、乾いたら、背中としっぽの先だけ筆芯で重ね塗りをします。

 


 


1.
最後はトラ猫です!
模様が複雑ですが、最初はこれまでと同じ。
耳、鼻、口に850を、目に451をそれぞれ筆芯で直接塗ります。
2.
992はクリアファイルやパレットにとり、水筆で身体の全体を塗ります。
 

3.
947も水筆でトラ模様を描きます。横向きなので、斜め上から下にシマシマに描いていってください。
しっぽの先だけ、少し多めに色を塗ります。
4.
N95であごの下、瞳、足の間の影を描きます。筆芯で直接描いていってください。
947で先程描いた場所をより少しずらして2度塗りします。
 

5.
N95は細芯で毛並みを描きます。
947は水筆でトラ模様の毛並みを描きます、ちょんちょんと色を置くように描いていってください。
乾いたら、今度は筆芯で直接背中としっぽの先だけ重ね塗りをして完成です!
 
これで4匹の猫が描けました。
実際猫を飼っていらっしゃる方はこの描き方をアレンジして「ウチのコ」にするのも楽しいですね◎

 


型紙に描いてみました。
裏表、同じ猫にしてもOKですが、せっかくなので4匹描いてみました。
 

ハサミやカッターでまわりを切り取りました。
 

直線部分すべてを目打ち(尖っていて、切れないものなら何でもOK。例)つまようじ等でも◎)などでなぞっておくと後で折りやすいのでおススメです。
 

ピンクの部分以外はすべて山折りにします。
 

ピットエアー(テープのり)をつけて貼り付けます。
ピットエアーはしわにならず、乾く時間も不要なのでペーパークラフトの強い味方です。
 

筒状に組み立てたら、ピンクの部分のみ谷折りにします。下の△部分はほっといても勝手に折れるので、無理に折らなくてOKです。
 

底部分も中に折ります。ピンク部分にピットエアーをつけたら
 

貼り付けて、完成です!(可愛い!
 

厚手のクラフト紙でも描いてみました。なかなかいい感じです!
タグは穴あけパンチで穴を開けてメッセージを書いても◎
 

クッキーやチョコレートを入れて、首にリボンを巻くと可愛いですよ。
皆さんも是非作ってみてください。
 
※文中の3桁の数字は、ABTの色番号です。

back

Other Topics

page top