FUN ART STUDIO

Category

ALL

Event / Workshop

Event Report

Arts&Crafts Ideas

カード(1)

ペーパークラフト(4)

シーズナルアイデア(2)

デコレーション(1)

ラッピングアイデア(1)

アクセサリー(1)

Tips

イラスト(3)

DIY(2)

Others(2)

水性マーキングペン(6)

のり(1)

Lifestyle

Download

ギフトタグ(1)

ガイドシート(1)

Tools

ABT(1)

Artists

Special Partners(1)

Masaki Nakamura(1)

Sara Gally(1)

Other Artists(4)

ARCH DAYS(2)

トンボ編集室(2)

Hideya MOTO(1)

satohom.39(2)

Archives

2019

3月(5)

2月(5)

1月(2)

2018

12月(7)

Tags

Category

Archives

ABTハンドレタリング ガイドシートの使い方

アーティスト・プロフィール

Hideya MOTO

みなさん こんにちは!

レタラーのHideya MOTOです。

 

今回はハンドレタリングの上達のためには必須!のアルファベットの練習をする際に使用するガイドシートの使い方について、ご紹介します!

 

用意するものはこちらです。

・ABT(ブラッシュペン)

・ガイドシート

・白いコピー用紙 / トレーシングペーパー

・クリップ

 

 

ガイドシートはこちらからダウンロードいただけます。
※PDFデータですので、ご自宅やコンビニでプリントしてご利用くださいm(_ _)m

 

 

ガイドシートに直接書いても良いのですが、1回使って捨てるのはもったいないので、ガイドシートに紙(トレーシングペーパー)を重ねて練習すると便利です。

下にあるガイドラインが透けて見えるので、紙(トレーシングペーパー)を換えればガイドシートをずっと使うことができます。

 

 

書いているとき、紙がガイドシートからズレないように、クリップで止めるのもオススメです。

 

 

 

準備が出来たら、ガイドラインを目安にアルファベットの練習をしてみましょう。

アルファベットの形によって高さが異なりますが、ラインに合わせると書きやすいと思います。

基本の高さはエックスハイト(x-height = ベースラインとウェストラインの間)となります。傾きが揃うと整って見えるので、斜めの線に文字全体が平行になるように書きます。

◎ 点線は文字を書く補助的な目安です。

 

ブラッシュレタリング(カリグラフィー)は繰り返し書いて、手に動きを覚えさせることが大切なので、たくさん書きましょう!

 

 

ABTのスペシャルサイトに基本ストロークの動画があるのでぜひご覧ください!

Basic Strokes(基本ストローク)|HOW TO USE|ABTスペシャルサイト

 

 

 

Keep writing!
back

Other Topics

page top